39(サンキュー)矢野基金 筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちへの応援基金

39(サンキュー)矢野基金にちなんだ画像

タイトル:設立の経緯

『39(サンキュー)矢野基金』の設立のきっかけは、
僕のファンの筋ジストロフィー患者のお見舞いに行った時でした。
生活に必要な電動車いすが高額である為、運動機能が少しずつ失われていく病気にも関わらず
症状に合わせた車椅子を持てない患者さんが多いことを知りました。
「応援してもらうばかりだった自分も恩返しがしたい。」
この思いを社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会の協力の下に基金として立ち上げることになりました。

タイトル:募金の使途

この基金は、僕からの寄付金を原資に立ち上げました。
現在、大阪府内には140名近い筋ジストロフィー患者がいます。
基金への募金は、大阪府内にいる筋ジストロフィー電動車いす等の支援
並びに大阪府内に37ある児童養護施設で暮らす子ども達への支援
(児童養護施設への文房具提供・野球大会への用具提供・実施支援など)に使われます。
基金の収支報告は、社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会のホームページ上で報告させていただきます。

タイトル:募金の方法

39矢野基金応援プロジェクト第3弾!矢野燿大第二弾LINEスタンプが登場!

●Yahoo!ボランティア基金

Yahoo!ボランティア基金にアクセスしてください。募金の方法は2種類あります。

壁紙購入による募金
壁紙購入による募金をするには、Yahoo!ウォレットへの登録(無料)が必要です。
この募金にご協力いただくと、
阪神タイガース在籍時の矢野燿大オリジナル壁紙をすべてダウンロードできます。
壁紙の売り上げは、全額基金へ寄付されます。
Yahoo!ポイント寄付による募金
Yahoo!ポイントで募金するには、ご利用可能なポイント残高のある
Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。
ポイント残高はポイント通帳でご確認いただけます。
任意のポイントを募金すると、1ポイント=1円に換算され、寄付されます。

●39(サンキュー)矢野基金応援プロジェクト

応援自販機設置による募金
39(サンキュー)矢野基金オリジナルデザインの自動販売機を
あなたのオフィスや店舗に設置していただくだけで、
売上の一部が募金されます。
設置先様の費用負担は一切ございませんので、
ぜひご協力をお願いいたします。

>>詳しくはコチラ
© AKIHIRO YANO All rights reserved.